2007年04月29日

Sugar OS Live CD on Mac Pro

試しにOLPCのSugar OSをLiveCDにしてMac Proで動かしてみた。

まず、LiveCD(LiveDVD)の作り方。
1:Index of /olpc@redhat.comから好きなisoイメージをダウンロード
2:ディスクユーティリティーで空のCDもしくはDVDに焼く(左ペインに表示されているisoファイルを選択した状態で左上の「ディスクを作成」をクリック)。

起動方法
1:起動時にoptionキーを押すと起動ディスクの選択画面が表示されるので該当メディアをクリック。

以上。超簡単。
BootCamp入れてる影響か知らんけど、起動時の選択画面ではWindowsと表示されたけど。
俺が入れたsdk-build-1-20070403_1732-livecd.isoは音が鳴らず&ネットワークの接続方法が不明でした。って特に何かを試したりしたわけではないけど。どうすればいいのか誰か教えてください。やっぱ焼く前に書き換えが必要かしらん。Webcamもドライバ入れなきゃ使えないなー

boot.jpg
olpc1.jpg
olpc2.jpg

参考までに、起動から終了までの動画。初めて使ったのであたふたしてますが、雰囲気だけでも伝わればと。

(9.3MB, 30min30sec, 320×240:QVGA, mov)
↑の動画みるよりもYouTube辺りで検索してみた方がいいかもしれませぬ↓(無駄に30分以上あるし)
Video results for 'olpc'@YouTube

何も考えないで起動したところ、終了方法がわからんという事態に直面しました。いろんなキーを押しまくって見つけた終了方法(というか再起動方法)
1:alt + ctrl + F4
2:alt + ctrl + delete
ちゃんと準備してからやれよ俺。ちなみにキーボードはJISです。

One Laptop per Child


#途上国向けの開発も競争が激しいようで→Asustek、$199の「クラスメートPC」を製造
#耕しすぎて荒れ地になりませぬように
#pythonやんなきゃな。

posted by pop★ at 10:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | まっきんとっしゅ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。