2005年04月21日

鎌倉

thegirlwho0.jpg
 以前自分のBLOGでネタにした『花を摘む少女と虫を殺す少女』という一本の映画があります。庵野&岩井featuring童貞みたいなタイトルが僕はたいそう好きで、色々調べてみると4時間近い大作であることもわかり、大いに『趣味:映画鑑賞 以上』たる僕の心は揺さぶられました。

 この映画は一部のファンから熱烈な支持を得ている様で、麻布か何処かの洒落たレストランで今でも定期的に上映会が開かれていたはずなのだが、その辺興味ある方調べてみてください。

保坂和志。

 彼のデビュー作の『プレーンソング』及び『草の上の朝食』は『趣味:映画鑑賞』であった作者保坂と、その周辺の実在するシネフィルやかわいい女の子をモデルとした共同生活の物語である。その中には長崎俊一やら宇野イサム(一応日本アカデミーの脚本賞を取っています『顔』)に混じって『花を摘む少女と虫を殺す少女』の監督矢崎仁司も実名で登場する。

 保坂に拠ると元映画青年であり小説家である保坂と元映画青年であり映画監督である彼らの違いは行動力であり、映画撮影というのは確かに行動力を第一に要求するらしい。行動力というのはなかなかに得ようとして得られるものでなく、ある種の才能なのではないかと思いたくなるほどに有する人の行動力はずば抜けているもので、僕は素直にそれを尊敬する。保坂には行動力の替わりにある程度の物書きとしての才能があり、本を書き、それを売る事によって得られる印税でパンを買い、それを食べて鎌倉あたりでムスとしているのだろう。

 それも無い人は何をするかというとやはり趣味で映画を観るのではないのだろうか。

#なんでこう若々しい文章になってしまうのだろう。
#こういう繋がりがみえると楽しいってこと書くはずでした。

posted by Que at 07:13 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(1) | うんこ
この記事へのコメント
なんで鎌倉?
Posted by pop★ at 2005年04月21日 09:46
作家は鎌倉に住むのです。
Posted by Que at 2005年04月21日 17:01
そうか。
貴重な情報をどうもありがとう。
Posted by pop★ at 2005年04月22日 15:17
TB失礼致します。
複数の人間でブログを運営しております。
そこの管理人をしているOKZといいます。
「プレーソング」でTBさせて頂きました。
失礼致します。
Posted by OKZ at 2005年06月12日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3076234

保坂和志。(シバタ)
Excerpt: 34.「保坂和志。」 今まで映画の事について書いてきました。 第一弾『攻殻機動隊』・第二弾『Tokyo Sora.』・第三弾「スペイン映画列伝」、みたいな感じで。 今回、マイケル・ウ..
Weblog: SIDE SWIPE(横殴り)〓
Tracked: 2005-06-12 16:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。