2006年11月19日

OLPC最初の10台完成!

One Laptop per Childの最初の10台が台湾のQuanta Computerにて手作りで完成したとのこと。ここから技術試験、量産試験、そして製品に。大きな一歩です。

One Laptop per Child (OLPC) は世界中の子供に向け革命的な教育手段を提供するべく、100ドル・ラップトップを開発・研究することを目的とした非営利法人です。この活動は2005年1月にDavosで開かれた世界経済フォーラムにおいて、Nicholas Negroponteによって初めて発表されました。

我々のゴールは、世界中の子供達が色々な探求・実験そして自己表現をする新しい機会を提供することにあります。

100ドルラップトップ(まだ製造に至っていません)は一般向け販売はなされないということに留意してください。このラップトップは政府主導で学校向けに配布されます。

実機の写真は以下で見ることができます↓

B1 Pictures - OLPCWiki

Flickrなんかでも検索するといっぱい出てきますね↓

Flickr: Search: olpc

Nigeria laptopNigeria eBook
画像およびイラスト著作:
fuse-project

プロトタイプの写真見るともうまったく別物だねぇ↓

Squeak Etoys running on OLPC prototype display

上のはディスプレイだけのプロトタイプだから当たり前なんだけどさ。

予定されているスペック↓
プロセッサ:366MHz AMD Geode GX-500
メモリ:128MB DRAM
ディスプレイ:7.5インチデュアルモードTFT、解像度1,200×900ピクセル
ストレージ:512MB SLC NAND flash
拡張性:USB 2.0ポート3基、SDカードスロット

より詳細なスペックは以下↓

Hardware specification - OLPCWiki

OSはFedoraベースのLinuxでparallelsやVMWareでもエミュレートできるみたいよ↓

OS images - OLPCWiki

今のところ、OLPCのトップページでは一般向け販売はされないって書いてあるけど、eBayにて$450での販売が予定されてるって話もある。欲しいな。打ち合わせとか商談の場でこれをおもむろに取り出して手回し発電とか始めたらかっこいいじゃん!$450ということはiPod 80GBとPS3 60GBのちょうど間くらいか。ガジェット好きの諸兄は発売されたら速攻HDDに換装とかCPUとメモリを換装とかしてVISTA動かしたりするんだろうか。

何より大事なのは$100以下でちゃんと子供達に配布されて使ってもらうこと。


One Laptop per Child
OLPCノート:最初の10台が完成! - Engadget Japanese
スラッシュドット ジャパン | OLPCの最初のマシンが到着

posted by pop★ at 15:09 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。