2004年12月19日

Esquire/Latin Music

Esquire 1 JAN. 2005 Vol.19 NO.1
 何を勘違いしたか、Esquireなる雑誌を買ってしまいました。というのも『Musica del Sur』というCDが付録として付いていて、その中に菊地成孔とArto Lindsayの楽曲が入っていたからです。収録曲は以下↓

Naruyoshi Kikuchi/Degustation A Jazz/Bossa nova atonal pour guitare acoustique préparée et saxophone alto, a la sauce d'orchestre a cordes de Klaus Ogerman(プリペアード・アコースティック・ギターと アルト・サックスによる無調ヴォサ・ノヴァ、ストリングス・クラウス・オガーマン・ソース)
Arto Lindsay/Salt/Combustível
Juana Molina/未発表曲/Idioma
Alejandro Franov/未発表曲/Aixa

他にも、菊地成孔、96時間ブエノスアイレス滞在記。アート・リンゼイと歩く、ブラジルの聖地。細野晴臣と青柳拓次のラテン音楽を巡る対談。松山晋也のセレクトした18枚、Rafael Sebag (U.F.O.)の選んだ10枚とかとか。いろいろ。菊地成孔は曲名も長けりゃ滞在記も長い。長いというより読みづらい。確信犯ですが。この特集はブラジルやアルゼンチン周辺のラテン国に行く際の参考になる。行かないにしてもとても興味深い。ラテンミュージシャンってあんま知らないなと思った。Astrud Gilberto, Gilberto Gil, Luiz Gonzaga Jnr, Astor Piazzollaとか。くらいしかデフォルトで思い浮かばん。そもそもアルゼンチンとブラジルの位置関係が分からない馬鹿な子です。でもなんでこの時期にLatin Music特集?南米に避寒しろと?そんな金ないわYO

Esquire Magazine Japan
fontaine/degustation
[ A R T O : L I N D S A Y]
... .. ... .. . . juanamolina.com . . .
A l e j a n d r o . M a q u i n a r i a . F r a n o v
D W W W
CHORDIARY official web site
_____United Future Organization_____Intro
南米地図@厚生労働省検疫所

#こんなことでも無いとEsquireなんて買わねぇな。買えるものがひとつもない。ラテン国って言い方アホっぽくて好き。

posted by pop★ at 01:59 | 東京 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | おんがく
この記事へのコメント
>細野晴臣と青柳拓次のラテン音楽を巡る対談。

読みたい。青柳。帰ったらみして。
Posted by hiro at 2004年12月19日 02:37
はいはい。仕事は暇なのかい?
Posted by pop★ at 2004年12月19日 02:51
レスがあったの知らなかった。ごめんね。

仕事は激ヒマということは言うまでも無いでしょう、この現状。

ってか短かったね、記事。

ちなみにあの動画はもう4回見ました。
Posted by hiro at 2004年12月20日 04:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。