2004年09月29日

菊地成孔インタビュー@旗手@日本経済新聞(9/27夕刊)

 ちょいと亀投稿ですがタイトル通り、菊地成孔のインタビュー(らしきもの)が載ってました。概要は以下です。

DEGUSTATION A JAZZについて
エレガントでフォーマルなシェフの思考に共感した

以下文脈不明
今のジャズにピンと来ない
ジーパンとTシャツで聴く音楽になってしまった。米国がオプティミスティック(楽天的)だった一九五〇年代のようにドレスアップして聴く音楽に戻したい
ロックは今もよく知らない
音楽は空気の振動で聴く人の体に訴える。文字を介した文学とは異なった形で自我に入り込む。極端に言えば聴く人の自我を変えてしまうほど影響力がある。肉体的でセクシュアルな芸術だと思う

DEGUSTATION A JAZZはFerran Adrià Acostaというスペイン人のシェフによって作られた「一皿が一口ずつの、フルコースで64皿」という 料理の形態(Degustation)に触発され、「1分〜2分尺にまとめあげたジャズを41曲」を 収録したアルバム。ロックはよく知らないとか嘯くあたりが◎俺やあんたの何百倍も知ってますよ。本人は本気なのかもしらんけど。

続きを読む
posted by pop★ at 23:27 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | おんがく

2004年09月27日

Russ Meyer 逝去

 映画監督のラス・メイヤー(Russ Meyer)が2004年9月19日、肺炎のため逝去されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

Russ Meyer:1922年3月21日生まれ。享年82歳。

エロ&ポップを描きつづけた巨匠映画監督、ラス・メイヤー死去@bounce.com[ニュース]
RM Web ---ラス・メイヤー映画祭&DVDボックス公式サイト@株式会社 フルメディア

posted by pop★ at 11:52 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | えいが

2004年09月26日

björk/medulla

bjork medulla
 アルバム自体についてはいろいろな感想があげられてるので、そっちを見てもらうとして、ここでは参加アーティストについての情報。

・Tanya Tagaq:カナダのイヌイット歌手。vespertineのツアーに参加。track:1,6,11,12
・Mike Patton:Mr.Bungle, Faith No More(98年解散), Fantômas…etc。狂気のDigital Voice Performer。Mike Pattonを紹介したのはMatthew Barneyらしい。track:1,3
・Rahzel:元The Rootsのヒューマンビートボクサー(横顔が西田敏行に似てる)。Mike Pattonの紹介で参加したらしい。track:1,3,6,12
・Valgeir Sigurðsson:アイスランドのプログラマ・エンジニア。『vespertine』に参加。track:1,3,6,7,9,12,14
・Mark Bell:元LFO(97年解散?)、「Homogenic」のプロデューサー。track:1,3,6,9,12,14
・Peter Van Hooke:元Mike & The Mechanicsのドラマー、現在プロデュース活動。track:1
・Gregory Purnhagen:よくわからんけど、Philip Glass関係の人みたい。Baritone歌手。track:3,14
・Little Miss Specta:よくわからん。プログラマ?track:3
・Matmos:P-VINE系の2人組。David GrubbsとかbjörkとかTerry RileyとかKronos Quartetとかそんな系とよく演ってる。track:6
・Robert Wyatt:元Soft Machineのドラマー。酔っぱらって5回の窓から落ちた人。以来、車いす。59歳。track:7,9
・Oliver Alary:Maxi『CoCoon』の"Sun In My Mouth" Recomposed by Ensembleを編集した。プログラマ?track:8
・Shlomo:オリンピック開会式で披露した曲(アルバムでは9曲目)"oceania"でヒューマンビートボックスを担当。track:9
・Nico Muhly:1981年アイスランドのプロビデンス生まれ。多分この人もPhilip Glass関係。っていうか若い。track:9
・Jake Davies:よく知らんけどMadonnaのMixも手がけたことがあるエンジニアらしい。track:13
・Dokaka:日本人。雰囲気が巻上公一(元ヒカシュー)に似てる。顔もやってることも。ちょっとデジタル寄り。ホームページで音楽がいっぱい聴けます。MATOMOSの紹介で参加したらしい。track:14

分水嶺。

【追記】
Sound & Recording 20004年10月号にエンジニア・プログラマの人について詳しく触れられていました。というのを11月号が出てから追記しておきます。表紙もbjörkです。
遅謝m(_ _)m

björk.com/unity
björk
THE CREMASTER CYCLE - by Matthew Barney
Ipecac Recordings(Mike Pattonのやってるレーベル)
MCA Records | Rahzel | Main
MATMOS
shlomo : shlo.co.jk : beatbox vocalist music entertainer
Nico Muhly
Dokaka.com
MAKIGAMI VOCAL WORLD
Philip Glass - Official Web Site
↓でMike Patton, Rahzel, Dokakaの動画が見られます。
http://unit.bjork.com/specials/albums/medulla/


bjk
posted by pop★ at 22:38 | 東京 🌁 | Comment(5) | TrackBack(2) | おんがく

2004年09月25日

最近面白かったブログ記事

0911グランドゼロQTVR@www.taro.st
 あんまりグリグリやりすぎると、気持ち悪くなるよ。気をつけて。要QuickTime

公取主催のCD流通懇談会に行ってきた@天国と地獄
 最後の一段落にとても共感を覚えた。

E→F (カップじゃないよ)@眞鍋かをりのここだけの話
 あんまり爆笑問題を困らせないように。影響を受けた映画はチャイルド・プレイだって!!!どんな女優だよ……

米テレビ局に訂正を出させたブロガーの実力
 こういった事例は初めてじゃないにしても興味深い。政治的・社会的な背景や技術的側面からもきわめて興味深いです。※このthを巡る論点に関して冷泉彰彦は「紹介するのもバカバカしい」とJMM 287Suで書いていて、背景が違うと捉え方も違うなと思った。当たり前だけど。それにしてもバカバカしいとは。


#ネタ切れとか言うな!ネタなんか最初っからないんだよ!!と言ったのはうすた京介だったか。

posted by pop★ at 20:35 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのた

2004年09月24日

mondo la douce

mond la douce

 なんか久々にCDDBに登録されてないCDを見つけたと思ったら、IRMAのコンピでした。IRMAはイタリアのLOUNGE系のレーベルとしてSHEMAと並んでの大御所。これも最近ヘビーローテーションです。イタリアの土地柄かなんか知らんけど、こういうLOUNGE〜Fashion系はイタリアがとてもうまい。GUCCI, Fendi, Armani, DOLCE&GABBANA, PRADAなんかを抱えてるだけはある。有名なプログレバンドにイタリアのバンドが多いのもそういう背景があるのかな。日本だと近代化の波にさらされて失われてしまったものをイタリアでは失わずに根付いてるんじゃないかね。そいえば、ルッソロもイタリアか。

 肝心のコンピの内容は基本的にFunk, Drum'n'Bass, House, Electronica, Jazz…etc. なんでもあり。でもちゃっかりLOUNGEの枠に収めてる。憎たらしい。お洒落だわ。juno recordsで試聴できます↓
http://www.juno.co.uk/IP/IF151038-02.htm


 IRMAについてちょっと。
IRMAが会社を始めたオフィスのビルは"Irma Casadiprimordine" という昔有名な売春宿で、そこの女主人の名が付けられていた。そこで彼らはその名前をレーベル名にし、60年代のヒット映画のキャラクター、Irma La Douce のイメージと結び付けたというわけだ。

"Irma La Douce"は直訳すると「やさしいイルマ」。邦題は『あなただけ今晩は』(なぜ?)。1963年のビリーワイルダー監督作品です。売春宿とお洒落ラブコメ映画。狙ったというよりもなるべくしてIRMAになったという感じ。これからも有象無象の音楽レーベルに埋もれることなくIRMAであり続けることでしょう。ハードコアレーベルで言う所のRelapse Recordsみたいなもんです(?)。

【追記】SUGIURUMNの『Party Calling!!』のトリの曲は『mond la douce』の2曲目:KALEIDOSCÒPIO/Meu Sonhoです。

IRMA RECORDS
IRMAjp.com/IRMA RECORDS OFFICIAL JAPANESE SITE
mond ladouce@IRMA
Juno Records
Irma la Douce@IMDb
あなただけ今晩は@allcinema ONLINE
Relapse Records

#IRMAのトップページからはポップアップを有効にしてないとメインページに行けないムカツク仕様なので、メインページにリンク張ってます。
posted by pop★ at 21:48 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | おんがく

2004年09月23日

スト回避は良いんだが、

 なぜ古田が会見始めたとたんにCMに突入?何一つ聞けなかったぞ。アホじゃないのか。

生放送でCMが押してたんだろうけど。でもそれで納得していいのか?う〜ん

posted by pop★ at 18:58 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うんこ

Sampling Licenses

 creative commonsのproject: The Sampling Licensesが発表されてました。現在3種類のライセンスが用意されています。

posted by pop★ at 18:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | おんがく

NIGOと牧瀬里穂が熱愛

 NIGOと牧瀬里穂か……なんかむかついた。


牧瀬に年収5億円の恋人nikkansports.com

posted by pop★ at 15:23 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うんこ

宮台真司

限りないダルさに堪えて対談する二人はエイリアンズ(M2本第三弾あとがき)からの引用

■以上のように言うと、「オマエこそ新聞で発言しまくってるじゃないか」と反駁される。違う。仕方なくやっているだけだ。むろん記者や編集者との人間関係もあるが、それより自分が発言しなかったときに誰が発言するのだろうと考えると不安に襲われるのが大きい。

 これを見て、『宮台真司が宮台真司をやらなくても、誰かが宮台真司をやるんじゃないか?』といういつも思っていたことが反芻されて『この今年45歳のおっさんは優しすぎるんだろうな』という考えが確信に近づいた。そんだけ。


MIYADAI.com Blog

posted by pop★ at 14:41 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | そのた

MUTANT DISCO

MUTANT DISCO
 最近ヘビーローテーションな1枚。2003年の7〜8頃にZE Recordsが復活してほんの少し話題になってたけど、その辺の再発お徳用コンピ。ダブ・ロック/ディスコ・パンク/ニューウェーブ系で語られることが多いけど、ディスコと一口に言っちゃった方が分かりやすい。それも一歩も二歩も突き抜けたディスコ。今現在でも十分通用する楽曲群を聴くと、それが発売当時に聴けたならどんなに先進的なものだったのかと興味深い。自らMUTANTと名づけたのも頷ける。ジャケのポップ・アート具合も◎ 当時の混沌とした状況からこれだけクロスオーバーで且つポピュラーな要素をまとめあげる選択眼に敬服いたします。お気に入りはCristinaのDisco Clone。だってかわいいんだもん。

日本での取り扱い元のSAIDERA RECORDSからの引用
TrevorJackson(Output/Playgroup), James Murphy(DFA/LCD Soundsystem), DJ Hell,2 Many DJ's....が「ZE」再始動を祝い、今後のリリースに積極的に関わることをすでに表明しております!
とのことなので、今後の動向にも要注目!ちなみにレーベル名のZEは設立者Michel EstebanとMichael Zilkhaの頭文字。

↓収録アーティスト↓
Kid Creole & The Coconuts
Cristina
Coati Mundi
Was (Not Was)
Aural Exciters
Garcons
Don Armando's 2nd Avenue Rhumba Band
Material
Gichy Dan
Suicide
Daisy Chain
Lizzy Mercier Descloux

ZE records official website
SAIDERA RECORDS
ZE RECORDS fan site


#Pop GroupとかPIL好きには受け入れがたいかも。New Wave云々で語るにはポップに突き抜けてるので。
posted by pop★ at 02:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | おんがく

2004年09月21日

タイトル思い浮かばん

 blogを始めて、rss readerも導入して、『ああ、便利になったもんだ。』なーんて暢気に思っていたところ、こんな記事を見つけた→海外ブロガーネットは新聞を殺すのかblogの後半部分↓

 ただやはり1つひとつのブログを見て回るのは、時間がかかって大変。効率的に読む方法はないものか、といつも悩んでいるテーマにたどり着いてしまう。人手を使ってやるべきか、何か機械的なうまい仕組みはないものか。RSSリーダーを超える仕組みが欲しい。
 ブログは今後も普及し続けることは間違いない。そうした中で、ニュース性の高い特定のテーマのブログの書き込みを収集、加工、意義付けしてコンパクトにまとめてくれるサイトを待ち望むユーザーが増えてくるような気がする。

 「RSSリーダーを超える仕組みが欲しい。」だなんて個人的には思ってもみなくて、少し目から鱗が落ちました。”普段から情報の海に埋もれてよりよい情報を抽出・発信しようとするプロ”と”60やそこらのニュースサイトと blogを見ることによって『今日もいい情報を仕入れたぞ』なんて自己満足に浸ってる俺”との違いが分かりました。一時期テレビやなんかで最近の素人は玄人以上リアクションだなぁなんて言われて素人いじりが増えたり、2ちゃんねるがニュースで取り上げられたり、6年くらい前「Digital Videoとネットを使ってノンリニア配信」についてある人達が語っていたりして、メディア・リテラシーが盛んに言われてた頃を改めて色々思い出した。そろそろ新たな分岐点の予感。こうして情報を発信する機会が増えてきたことによって取材される側の意識も底上げされてきたと思うし、取材する側との境界も曖昧になるにつれて、より信頼のおける報道・情報が今後ますます求められるでしょう。
 そもそも生きてるってだけで何かしらの情報をみんな持っているわけですから。


#利便性を追求して効率的に情報を収集できる技術は魅力的だけど、やっぱり自分で探し出す楽しみも失いたくない所。なんて曖昧な贅沢を。

posted by pop★ at 23:28 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | そのた

2004年09月19日

三和豆友食品株式会社

「豆腐、食ってるかい?」


斬新豆腐屋稼業


硬派な豆腐屋



と、叩き付けてきます。
詳しくは↓
http://www.sanwatouyu.co.jp/

「ブログでブレイク!!!三和豆友食品株式会社♪」なんてことになるのかな?もとい。なることを願う。
『男前のテーマ』が素晴らしい。『ドンドコ☆ダンス』のへなちょこ具合も◎
ちなみに豆腐は大好きです。

三和豆友食品さん、アクセス解析丸見せですYO!
http://www.sanwatouyu.co.jp/access_log/ana4.cgi

posted by pop★ at 20:29 | 東京 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | そのた

sonarsound tokyo 2004

sonarsound tokyo 2004 のタイムテーブルが発表されましたよ〜

出演者一覧↓
DAY 1

[SonarSound Hall]
Akufen
Chicks on Speed
JUAN ATKINS x CARL CRAIG
KARAFUTO (FUMIYA TANAKA)
Rei Harakami + Shiro Takatani (dumb type)
TOWA TEI x atom (tm)

[SonarSound Lab]
Benge
Ceephax Acid Crew
Guitar (Digital Jockey)
HIFANA
I'm Not A Gun
nujabes

DAY 2

[SonarSound Hall]
HIROSHI WATANABE
O.LAMM
RADIQ aka Yoshihiro HANNO x AOKI takamasa
SKETCH SHOW + RYUICHI SAKAMOTO = Human Audio Sponge
[visual: RYOICHI KUROKAWA]
Schneider TM
T.Raumschmiere

[SonarSound Lab]
Fonica
Little Creatures
Opiate
qodibop
WORLD STANDARD


場所:恵比寿ガーデンプレイス
日時:10月9日(土)開場 / 開演 22:00
   10月10日 (日・祝前日)開場 / 開演 17:00
前売り ¥8,000(1日券)/ ¥15,000(2日券)、当日 ¥9,000
posted by pop★ at 02:01 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | おんがく

2004年09月18日

A9.com

 米時間の14日夜Amazon.comの子会社A9.comが正式版ウェブ検索ツールを公開しました。利用するにはAmazonのアカウントが必要です。

検索結果画面はこんな感じ↓
A9.com
右側のボタンの内容:
・Web:Google+独自エンジン(Alexa)の検索結果
・Books:Amazon.comの検索結果
・Images:Google Image検索の結果
・Movies:IMDb(Internet Movie Database)の検索結果
・Reference:GuruNet(百科事典・辞書情報)の検索結果
・History:検索履歴。記事投稿時点でService temporaly unavailable.
・Bookmarks:デフォルトで提供されるブックマークに加え検索結果からドラッグ&ドロップで追加できる。
・Diary:ツールバーと連動するらしいけど、IE 5.5以降でしか使えません。メモっぽく使うらしい。他のブラウザに向けて開発中とのこと。使った人いたら教えて。

 それぞれのボタンをポチッと押すことでその検索結果が表示されます。右上のPreferenceをいじることによって表示言語やフォントサイズを変えられます。表示件数を変えられればいいんだけどな。

A9.comに関するニュース
アマゾン、ウェブ検索ツール「A9」を正式リリース
米Amazon.com、サーチエンジン「A9.com」を正式公開
オンライン販売大手の米アマゾン、検索エンジンをリリース
米アマゾン:検索サイト「A9コム」を正式稼働
Amazon.com 子会社の A9.com、検索サービスの正式運用開始
Amazonの新検索サイト「A9.com」正式立ち上げ

posted by pop★ at 20:31 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | そのた

CCCD並びにレーベルゲートCD、見直しへ

 あちらこちらで話題になってますが、業界の方も消費者もこうなることは早い段階から分かっていたのではというのが感想。あちこちでNO CCCDやNO COPY PROTECTIONのバナーを見かけましたが、そういった行動が今回の決定を後押ししたのも事実。そもそもCCCDなんてのはTOCとエラー訂正符号を書き換えてるわけで、明らかにソニーとフィリップスが策定したレッドブックに違反してます。CD-DA(Compact Disc Disital Audio)じゃないわけです。互換性やニーズを無視して策定したフォーマットが消費行動に結びつくわけがない。ただ、やっぱり心配なのはその向こうに見え隠れするコピープロテクション技術の動向。音楽CDのリッピングが日常的になり、ダウンロード販売も出発し始めた今、僕たちの自由の着地点はいったいどこにあるのかな?今後は意外とうまくいく予感はするんだけどな。楽観的すぎる?
ああああ、楽観的すぎました。理由はそのうちにまとめると思ふ。

エイベックス、CCCDの採用を弾力化@エイベックス:プレスリリース
複製防止CDの運用緩和へ@DailySports
エイベックス、CCCD弾力運用へ@CNET Japan
エイベックス、CCCDの採用を弾力化。現場スタッフが採用決定@AVWatch
エイベックス、CCCDの弾力運用を決定@ITmedia
Avex, CCCD の強制適用を見直し@/.j
エイベックス:
CCCDの採用を弾力化へ、ソニーミュージックも追従の方向
@MSN-Mainichi


#「CCCDでさえなけりゃ、浜崎あゆみの新譜もディズニーのリミックスも買うのに。残念。挙げ句の果てにDMBQまで。無念。」なんて言っていた自分が懐かしくなった。去年の2月頃。カーネーションも一安心かな?

posted by pop★ at 03:56 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | おんがく

2004年09月17日

my worst movie

 俺が今まで見た映画の中でワースト3を紹介します。紹介されても困ると思いますが紹介します。ワーストといえども、どれも愛すべき作品だと思っています。ある意味お気に入り。

【1】火星人ウエルカム!(Attack From Mars 原題:Midnight Movie Massacre)
   監督:Mark Stock 製作:Wade Williams
 これを観た当時エロ中学生だった俺はパッケージにあったエロいシーンを見てズリネタのつもりで借りてきたんですが、さっぱり抜けるシーンなんかありませんでした。内容もほとんど覚えてません。当時は抜きたかっただけなので。この映画、ただのクズ映画だと思っていたんですが、調べてみたらアメリカのマニアな人たちの間ではそれなりに評価のある映画のようです。特に50年代Sci-Fi映画マニアにとって。どういう点が評価されてるかというと、劇中映画『スペース・パトロール』の出来がとてもいいらしいのです(劇中映画なんかちゃんと見ねぇよ)。1950〜1955にABCテレビで放送された『Space Patrol』シリーズの完全なオマージュとなっているそうです。そもそも、プロデューサーのWade Williamsが50年代SFのマニアとして有名だそうです。劇中の『スペース・パトロール』で出てくるタイトルのフォントがバック・トゥ・ザ・フューチャ−2と全く同じ…とかどうでもいいんだよ!!!俺の青春時代の貴重な時間を返せ。って特にたいしたことしてなかったが。劇中映画に出てくる『火星のボインちゃん』に騙されたんだろう。肝心のストーリーはというと、1956年になんか腐ったマグロのにおいのする宇宙人だか怪物だかがなぜか映画館を襲って人が死んでいきます。確かそれだけ。オチなんか覚えてないよ。邦題およびビデオリリースタイトルには火星人だとかMarsだとか書いてますが、原題を見るに火星人かどうかもわかりません。劇中にも火星人だと示唆するシーンは出てきません。そんなことはどうでもいいんでしょう。

【2】:ザ・キャッチャー(The Catcher)
  監督・製作:Guy Crawford, Yvette Hoffman
 これはアルバトロスの方向性を決定づけたといっても過言ではない作品。販促グッズが殺人バットというのも有名(俺の中で)。死んだと思ってた女が犯人に飛びかかる時、パンチラ(?)みたいなものが見られます。確かビデオパッケージには世界初のベースボール・パニック・ホラー登場!とかなんとか。。。そういえば、これを観た後に当時アルバトロスフィルムにいた叶井俊太郎(現在ファントム・フィルム)がウォーB組(エロ本)でインタビューに答えてて、「俺もこの映画を観て時間を無駄にして嫌な思いをしたから、他の奴らにも同じ思いをさせてやる」みたいなことを書いてて、妙に納得したけど、納得するかヴォケ!えびボクサーだってほんとはシャコだし。

【3】:地獄
  監督・製作:石井輝男
 実際の事件(連続幼女誘拐殺害事件、オウム事件、毒入りカレー事件等)を題材に、事件を引き起こした犯罪者たちを地獄で裁くという内容。何の脈絡もなく丹波哲郎が地獄に登場して殺陣を披露する姿が圧巻でした。ヒロインにピンク映画でデビューしたての佐藤美樹が抜擢され、以降佐藤美樹はVシネ地獄に。佐藤美樹の初々しいおっぱいが見られて良かったです。他にも何個かおっぱいが見られます。そんだけ。しょーもない。

以上3つ、どれを観ても時間の無駄ですが、ネタにはなります。頑張って観てください。
ちなみにワースト映画にハリウッド作品は含めてません。含めると甲乙つけがたくなるので。『ジュラシック・パークIII』とか『エスケープ・フロム・L.A.』とかとか。。。

☆『火星人ウエルカム』の日本版VHS探しています。見かけた、もしくは持っている人いたら連絡願います。

アルバトロス・フィルム
アルバトロス・フィルム [DVD/ビデオ]:ザ・キャッチャー
>>phantom film>>
叶井ブログ
監督石井輝男公認サイト
さとう樹菜子(佐藤美樹)の『フォト日記☆サイト』
火星人ウェルカム!のGoogle検索結果
Midnight Movie MassacreのGoogle検索結果

#朝っぱらから何やってるんだ俺は。
#今日の天気は「火山灰」だそうです。

posted by pop★ at 09:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2004年09月15日

すべてのサンプリングに使用料が義務付けられる

そいつは困る。

この判決を下した裁判官の聴いてる音楽を知りたい。Drum'n'Bassだったりして。

Lawrence Lessig もなんか言ってます。
Lessig blog の記事

【注意】
なんかタイトルが誤解を受けるのではという指摘を さんからもらったので注意点を。タイトルはMTV NEWS Headlinesの記事のタイトルを引用したものです。より正確に表現するなら、Lessigの「ライセンスを取れ、なければサンプリングするな」or”Get a license or do not sample”の方がいいんでしょうが、インパクト重視ということで。より詳しく知りたければFindLaw for Legal Professionalsのこの件に関する第六巡回区控訴裁判決文を見てください。判決文に"Get a license or do not sample."と出ています。"We do not see this as stifling creativity in any significant way."だそうです。


George Clintonはなんて言ってるんだろ?

posted by pop★ at 22:03 | 東京 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | おんがく

クイックトランジットとSkype

 「プロセッサーやOSを選ばないユニバーサル・エミュレーター」ということでQuick Transitという製品がTransitive Corporationという所から出ています。でも、このニュースを取り上げてるのがWIRED NEWS/.j っていうのがどうもな。と思ったら一応ITmediaも取り上げてますな。この技術が本当でエンドユーザが簡単に使えるようになればほんの少しだけ変わるかも。何かが。

 もっと業界にとって脅威となりえるのがやっぱりSkype。出自からしてチャレンジ精神が伺える。普及すれば(固定)電話業界にとっては脅威。パソコンを起動してなきゃいけない点と電話会社からのサポートが受けられそうにないの(緊急電話とかかけられない等)が普及の難点かな。

「P2P(peer-to-peer)技術を使って革命を起こすことのできる次のターゲットとして電話市場が理想的と思えた」

だそうデス。音楽業界の次は電話業界。強いなこいつら。

Quick Transit
ITmediaの記事
Wired Newsの記事
スラッシュドットジャパンの記事
Skype
Skype関連ニュース


#skypeは音声圧縮のためにCPUパワーを結構使うらしいので、導入検討の際はご留意を

posted by pop★ at 20:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | まっきんとっしゅ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。